生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

はれ

他人のかさぶたをベリベリと剥がす

僕じゃないから、痛いところがわからない

際限なくかさぶたの奥の皮膚まで剥がす

痛がる顔で我に返る、返るだけ

皮膚だけ剥いだらどうなるだろう

その下のピリピリとした血管すら

きっと君は綺麗なんだろう

その君が誰かもわからないんだけど