生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

ヨウスミキズナメ

あからさまな劣情

シャンプーの泡がクリームソーダみたい

骨と皮だらけの身体

隙間の肉に箸を寄せたの

爪の間のチョーク

石灰石と精液

浴場にはいつも1人

わたしを慰める私

性行為なんて気持ち悪い

抱擁と接吻で繋がってたい

女の本分は何か問いたい

こんなにもっとって欲しがって痛い

あなたも兄さんもコンビニのカップルも

軋む夜とさよなら出来ない

剃刀負けで傷だらけの足

汚い足、痛む踵

本命も自明も何も無いでしょ

私とあなた、パステルとブルー