生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

あめ

あまみずぱしゃぱしゃ

こんくりーとにたまる

みぞにさらさら

ながれておがわ

かえるがぴょんぴょん

はじけてきえた

トタンいたのむこうがわ

はさまってきえた

ぼくのあしあと

おっかけてはねる

ちいさいかえる

ひものといきもの

まざりあっていきる

このあめのなか

けいほうはこわす

どしゃくずれのさきへ

ぼくらはとべる

かえるもとべる

いつかのさきは

さいれんとにげること

おばあちゃんにかりた

あまぐつがぬれる

りゅっくとぬいぐるみ

したるみずおと

しぼってはしんでいく

ちいさなぼくたち

それでもいきたふり

つづけてはねる