生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

ドロー

夏バテだ完全に

喉が痛い

バイトで叫んだせいだ

本当に叫びたいことは何一つ音を失うのに

馬鹿みたいに同じことを叫びつづける

こんなに頑張って売り続けたはずなのに

標数には遠く届かず

焼いた揚げ物が

期限切れで腐っていく

廃棄場に僕を閉じ込めて

生ゴミと燃えるゴミ

ダンボールの端切れに

僕が噛まれてクラって

暑い夏の音がして

蝉もそこでは無口で

君だけが僕を見つけないままで

惨めったらしく死んでゆくだけ