生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

公共

22時過ぎ、駅構内の女子トイレは香水で蒸れる

知らない男の煙と残り香

濃いめの口紅がやけにキツい

女の臭いがひしめく個室

一方的な話し声の結末

電話とレシート

財布にブランドバッグ

安い下着と生理用品

血生臭くて女臭い

甘いシャンプー

嘘のシャンプー

香水で作った香り

重ねてつけたブレスレット

男からの貰い物

元カレの指輪

知らない人

すれ違い、誰も振り返らない

個室が閉まる

鍵のかかる音がする

何も聞こえない

小さく喘ぐ

また女が死んだ