生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

陽光

謂れのないあのをんな一人の為に、バスは煌々と待つてゐるのだ。
高下駄が五月蝿く高い音を立て殴る。
計らずにそれを警告音として轟かせてゐるのか。
をんな自身を鉛の塊と揶揄してゐるのか。
こんなものなど雑記だ。
をんなの唇は照りを出し、腎も六腑も熟してゐる。
ヤアヤアそんなことも知らずに、
洋々とをんなを抱き伏せるのか。
身体に潜む貴様自身を養分にして、又は媒介にして、をんなは思い通りを演じる。
都合がいい話だろう。
バスは停留所で、未だ待っている。
貴様を吸ったをんなが目一杯肢体を膨らませ、其れに乗り込むのを。