生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

石川幸子

とっくの昔に高校を卒業して今や23歳

メルカリで落とした制服を改造して着る

袖がちょっときつい

ももが妙にエロい

胸元が心許ない

リアリティのために買ったお下がりの鞄

揺れるちょっと汚れたキーホルダー

最寄り駅から2駅先のドラッグストア

初めて自分で買った避妊具

出会い系サイトに登録した名前「ゆめ」

高校時代の親友(笑)の名前

今や音信不通

Facebookで結婚してるとこまでは見た

結婚式には呼ばれなかったけど

知らないお兄さん

嘘嘘、おじさん

ちょっと大人っぽいね、って言われたばーか

もうハタチ超えてまーす

がっつくみたいに肩を抱かれる

吐息が耳にかかってちょっとあり

正直処女じゃない

ギリギリ体を売れる顔

ちょっと取引先の人に似てる

あんまキモくないおじさん

お兄さんとおじさんの間

指絡めたら「ゆめ」が始まる

学校の話題

リアリティのためにあんま喋んない

カラコン乾く

キスが下手(笑)

中に入れない

足に擦り寄ってくる、キモ

男って感じ丸出しの体

女みたいな感じ顔

素足に染み込むアレソレ
何度も踏み潰すアレソレ
男の癖に偉そうとっても偉そう

すっごくすっごくすっごくむかつく

ビクビク跳ねる体が汚い汚い汚い汚いむかつく

痛いって頬を叩かれる

なにこいつキモイ怖い痛い嫌だ嫌だ嫌だ

そこまでは求めてないって睨まれる

女子高生のメッキが剥がれる

23歳ただの女