生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

西上優香

土砂降りの日におろしたてのワンピースを着た

白に薄いレースのついた清楚ぶれるワンピース

黒髪染めて清楚ブレた

汚い言葉が口から出て出生バレた

金持ちの振りをする為に

友達からもらったグッチの紐

私なんてそんなもの

幸薄い顔と無駄な一重

無理やり引き伸ばして入れ込んで塗りたくって

とりあえずまともな顔にして

ならなかった日はマスクとメガネで

合コンにも女同士の遊びにも誘われない

白いサンダルがまた水溜りを踏んだ

反射した疲れた顔をぐにゃりと歪ませた