生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

何処にいても僕を蝕む

君の白い首

何度も捲って確かめたその腕

確かな血管がその下

声で生存確認をしなくては

僕のものだと証明が欲しくて

早くその首に傷をつけて

服の下、無数の不確か

どうやって縛ればどうして掴めば

僕はやっとそれを認められる?

僕のなんだと何をしても分からない

不安で不安で不安で仕方がない

可笑しくなりそうだ

徹夜明け、クマのできた目の下

苛々苛々吐き気が止まらない

片っ端から殴りつけてしまいたい

衝動も欲情も何もかもただ君だけのものなのに

独り占めをするのは君だけなのに

可笑しいだろう、どうして手放すの

こんなにもずっと不安で溢れそうなのに

苦しくて苦しくて締まる首に死んでしまいたいのに

生かせるのは君だけなのに