生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

上月

全世界から否定された

弾き出された

"みんな"の輪に入国拒否された

数人で凝固した 

それを融解剤で溶かされた

何もかも透過された

それだけの人生でした

身体を不意に狂れられた

気持ちが悪くて青を排他

僕には一声すら残らなかった

スプライトを飲んで吐いた

人生長期競技初戦敗退

警告音を無視して線路に翔んだ

苦し紛れにアタマを割った

骨を折った砕いた刺した肉を割いた

僕を観る大学の奴等が痛みを押し付けた

僕だけが痛ければよかった

お前すらそう思った

先生は僕から逃げた

若くて痣に塗れた身体だけを賞味した

僕が死ねばよかった

あの日錠剤を飲み干した

胃が沸騰して爛れ焼けた

お前がそれを望んだんだ