生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

結婚賛歌

好きな人が結婚した

好きな人じゃない女を誘拐した

どうしようもない感情だった

同情もないほど異常だった

三日三晩立ち尽くした

結婚式場の前でした

僕は白いタキシードを着て

知らない女と手を繋ぎました

繋がれないのは心だけでした

僕を繋いだのは貴方だけでした

そんな貴方が結婚しました

貴方がくれたキーホルダーを飲みました

胃の中で鈴が弾けます

可笑しいくらい笑えました

参列中のことでした

ブーケトスが目の前で堕ちました

青い薔薇を踏み付けて

僕は貴方を刺しました

家で錆びた出刃包丁

こんな物で殺してしまうことを赦してください

ただ、あなたが好きだったんです

ただ、あなたが

 

どうでもいいくらい汚い空でした