生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

くち

悪口を覚えたのはいつからか

隣で女が笑ってらあ

静かに女は微笑んで

身ぐるみはいでも知らん振り

なんでせう

これは一体なんでせう

歯型に唾液

耳に型付き

採られた両親

早々夢は拭い取られて

女と背徳

知らないんでせう