生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

春雨

土砂降りの中、傘を畳んで坂を駆け下りた

長い髪が雨と絡む

額を滴り落ちる雫が桜を反射させる

春雨だ

春の嵐

僕を季節が抱きとめてくる

明日の僕へと、取り逃さぬように

さくらは踊るように舞う、散る

したる雨、温くなる水

透明に色が入る

僕の髪に反射する色

警告色のレッドランプ

肌に張り付くシャツ

紺色で安物の生地

雨はコンクリートの隙間に溶ける

帳に溶けて

解けて揺れる

水没したiPhone

火花と発火

僕の内臓

ミスの味

折れた新品の傘

文字の羅列

柔らかに孕む