生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

すーぱーぽじてぃヴ

僕の身体のはずなのに、思い通りに動かない

いつもつまらないことを口走り、

柔らかい実を食んでいる

誰かが何かを犬だと言った

僕は僕を犬だと思った

人間の定義がどんどんどんどんとんとんとあやふやになって

人間は人間を辞めたがっている

人間をやめてしまおう

僕はそうして自由になろう

自由になって死んでしまおう

宇宙になろう分子になろう

何にもならないでおこう

僕は僕自身を消してしまおう

そこに君を置いて

チェス盤で

君だけを並べて

好き勝手に弄ってしまおう

チェスのルールなんて知りもしないけど

なんだか綺麗でかっこいいからそれでいいや

好きになる理由なんてそれでいい

あのことお弁当のおかずが一緒

あのこと抱いた女が一緒

あのこと前世の信仰が一緒

あの子が僕を嫌いなのが一緒

だからすき

だからすき

でもすき

きっとすき

すきすきすきすきすき

相対的に好き

ああすき

大っ嫌い