読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

喪失届

忘れ物をしたのに、それが何だか思い出せない。

春に忘れたか、夏に忘れたか。

どの季節に忘れたのかもわからない。

いつの間にか置いてきてしまったことだけを覚えている。

喪失感だけを置いて、それは忘れてしまった事実を僕に誇示する。

それが何かを知るために時間をひたすら消費する。

どれだけ時間をかけても、いつまで遡ってもそれは僕に振り向いてはくれない。

あやふやな輪郭だけ残して、一斉に泣き喚いているような。

そんなざわめきを残して。