読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

蛇目 #短編小説 煌三

白無垢が嘲笑う。僕が生まれてきたのはこんな女と結婚し、父上と同じ傀儡になる為ではない。医者の息子だから、多少の実用的な結婚は仕方が無いとは思っていた。そのせいで昔からお金と女は嫌いだった。でも、もうどうでもいい。昨晩も父上と同じ血の通うこの舌で、虫の蠢いてそうな死んだ足を、まるっきり温度の通っていない白い足を…………。ああ、上等な着物が、虫に食われている。神主のいうことも聞こえない。斑点だ。橙だ。誓の口付けの感触が……全く知らない女みたいだ。