生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

人間辞め

僕は今小説を読まなければならない

その世界に逃避しなければならない

今すぐに、早く

そうでないと、僕は自分を殺してしまうかもしれない

何もかもが耐えられない

僕は僕をやめないと、僕でいられない

防空壕の中に、身を屈めて震えなければならない

みつけて

今すぐみつけて

僕をやめた僕を

そして殺して、やめてしまって

散り散りの僕を

どうして

なかなかどうして

こうなってしまったのかと

悲劇のように書き起こさねばならない

その役目は僕じゃなければならない

早く、殺して

逃げて

誰かの心の中に

文の中に

詰まらない僕を捩じ込んで