読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

巷で噂の彼女と噂

宇宙人をキャトルミューティレーションしたい。

僕がいつまでも搾取されている側なのが癪に障る。

 大体宇宙人、宇宙人というけれど、周りの人間と馴染めもせず、話してる単語の意味を理解出来ない僕は大概宇宙人のようなものだ。

宇宙人は地球の生き物に興味があり、それを時々攫って内部構造を見て、何らかの痕跡を残して去るらしい。

それって、彼女のいる男の家に来た時に浮気相手である自分の存在を残そうとする女みたいじゃないか。

色の違う髪の毛や化粧品、使用済みのお泊まりセット、生理用品に片っぽだけのピアス。

宇宙人も女も自己顕示欲の塊だ。

女の身体は宇宙だと誰かが言った。

僕は女を解体したことがないから知らないけれど、女の中身を覗くと、そこには太陽系惑星があって、散り散りと浮ぶ星屑が真っ黒な闇に吸い込まれているのだろうか。

宇宙人はどうだろう。

逆に宇宙人の中身は巷のJKで、原宿あたりの綿菓子や、絶対領域で出来ていたりして。

そうなれば宇宙船はさながら女子高だ。

無法地帯で、女の神秘や宇宙が渦巻いた女だけの世界だ。

宇宙人から見た僕はどうだ?

人間に馴染めない姿を見て、擬態中の同胞だと勘違いし、高校デビューの可憐なJKが、僕を宇宙に連れ去ってはくれないか。

それで僕と浮気して、詰まらぬ証拠を中に残してよ。