生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

2017-07-11から1日間の記事一覧

夜遊

前章殺人鬼は雨と踊る。しっとりワルツを、重ねるようなビヴラートに乗せて。僕らは知らない、雨の匂いが何で出来ているか。土と静かと、ばらばらになった血の匂い。無意識下に、僕らは気付いている。心地の良いその音にかき消される綺麗な悲鳴を。 Ⅰ 僕の殺…