生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

2017-07-01から1日間の記事一覧

何処にいても僕を蝕む 君の白い首 何度も捲って確かめたその腕 確かな血管がその下 声で生存確認をしなくては 僕のものだと証明が欲しくて 早くその首に傷をつけて 服の下、無数の不確か どうやって縛ればどうして掴めば 僕はやっとそれを認められる? 僕の…