生的過干渉

僕の劣情、散文、君への過干渉。

2017-04-04から1日間の記事一覧

はっぴーえんど

長電話をするようになったのは、用事の延長でかけた一本の電話からだ。 なんだか酷く切るのが惜しくて、僕からつまらない話題をひたすらに振ったことを覚えている。 相手は同じ大学の彼女持ち。 スラリと伸びた手足が、生きるために最低限必要なほどの太さで…